読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カツオの釣り方

カードにどっぷりはまってしまった魚類のブログです

川鶴CSで使用したインフェルノイドについて 魔法罠編

はい、どうも、カツオです

なんかモンスターについて書いてたらすっげえ長くなってしまいつい分けてしまいましたw

魔法罠のほうはそこまで長くならないとは思いますがまだまだブログ書くのは下手だと思いますので読みにくくなってしまうかもしれませんがよろしくお願いします

魔法罠ということでまずメインに採用したやつについて

魔法

推理ゲート3ずつ

まあ言うまでもないですよねw
デッキの核でありちゃんと決まればどんなデッキにも勝てるくらいのパワーカードと言えます
とはいえ落ちが弱かったらパワーカードではないんですけどw

皆既3

メインではとりあえず後攻を選択しますのでHERO相手だったりクラウンブレードだったりにプトレなどの推理ゲートを阻害するカードを置かれて返ってくることも多いです
そこを返し、推理ゲートを打てるようにするカードですね
闇の護封剣ではない理由は速攻魔法ということに尽きますチェーン槍などをかわす方がいいと思いました

ライボル1ブラホ1

この二枚も皆既と役割は同じです
デカトロンの登場によりたとえ推理ゲート引けてなくてもある程度は戦えるようになりましたが、セイクリッドダイヤによって落とせないなどはそのまま負けにつながりますなぜ皆既>ライボルなのかといいますとダークロウなどがいるときにコストが除外されることを嫌いましたまた速攻ではないのでライボル×2とかのときに槍を持たれていたらそのターンは倒せないこともマイナスに評価して皆既3ライボル1にしました

説明不要ですね

ワンフォーワン

汎用性の塊であるデカトロンをデッキから持ってこれます
コストも上級などを使えばノーコストと同じですし
これをうって相手の場を荒らしつつ推理ゲートにつなげば通常可能モンスターが1体減るのでより推理ゲートの期待値があがります

異次元からの埋葬

リソース回復は普通につよいです
落ちが弱くても使い回せば戦っていけます

激流葬 3

デッキとして相性がよくないHEROに対し強い罠ですし
こちらとしてもリソースがあれば復帰できる(墓地除外のおまけ付き)ので採用しました
海皇も個人的にはなかなかきつい相手ですのでそれに強いというのもプラスです

脱出 2

罠の枚数を増やすにあたり盤面の除去ができかつフリーチェーンであることを考えると脱出が一番丸い選択肢かなと思いました
極限まで魔法などをカットして激流をいれたところ残りが4だったので後述の手違いと半々にしました


手違い2

相手のデッキによってはこれだけでかなり有利にたてるカードですが刺さらない相手には全く刺さらずこれ1枚では盤面には全くさわれないことを考えてメインに3投はできませんでした
前述の通りちょうど4枠残っていたので脱出と半々です
海皇やネクロス相手であればかなり強くHEROクリフォートにもそれなりに機能します
個人的には評価が高い1枚です

次にサイドについて

超融合

決まれば不利な盤面をひっくり返し有利な盤面であれば価値を確実にするカードです
制限カードなので引けるかどうかになりますが決まればとても強いので採用しエクストラの枠を割く価値があると思います

サイクロン

最初は入れておりませんでしたがチェーンで割りたい罠が多く入れました

サンダーブレイク

あまりノイドのレシピでも見ないカードな気がしますがノイドでのサンブレはかなり強いと考えてます
ノイドは基本的にアドラメレクで攻撃することが多くそれゆえに2800打点より上は下級かネヘモスに頼ることになります下級は素引きの必要がありネヘモスはコストとそもそもピンなので落ちることが必要です
サンブレによりそれらの脅威を除去できます
また4、5枚目のサイクロンにもなり使用範囲が広く腐ることもなかなかないと考えます
ネクロスが相手であればハンドに1枚残してトリシュに合わせることで相手の動きをトリシュに向かうように誘導しトリシュ不発にしながら1枚除去ができます
決勝ではそれをやろうとしてサイクロンをもらってただハンド捨てただけになってしまいましたがwwww
ハンドコストですがノイドに関してはあまり気にするものではないと思います
上級を捨てれればベストですし下級でも召喚のコストにはなるのでただ損する訳ではないと思います
ほかの罠との枚数調整で2枚です

手違い

単純に海皇やネクロスにはかなり強いです
刺さる相手には3投したいカードなのでサイドに最後の1枚を入れました

聖なるバリアミラーフォース

HERO相手に強い罠がほしいと考えて採用しました
まだこのカードを採用してから長く使っておらず
そこまで感想のようなものはないです
例えば脱出や破壊輪、ダスト3枚目に変わる可能性もあると思います

ダイヤモンドダスト

ネクロス海皇にとても強いですね
ネクロス戦では大型を倒す役目があり
海皇戦ではワンキル阻止、初動の阻止ととても優秀だと思います
これまた枠の関係で2枚です

ここからは採用と不採用で迷ったカードについて書きます

煉獄系のカード(死徒以外)

安定度が増しますね
個人的には煉獄型はサイクロンなどで煉獄カードが止まるという点を厳しく感じています
特にサイド後であれば見えてなくても手違いなどを警戒され除去を入れられることが予想されるので永続である煉獄カードはあまり入れようと思いませんでした
また自分が煉獄型にほぼさわっておらず少ない時間で完璧に使いこなせるようになるとも思わなかったので止めました

煉獄の死徒

実はずっと採用していたカードです

書いてあることはこのターン相手のカードの効果を受けないという聖槍完全上位互換のようなものでありさらに優秀な墓地効果もあります
実際に渋谷CSでは横がこのカードによって負けてました
今回なぜ不採用にしたかですが
今回はHEROなどの先攻展開を返す札を抜かずに罠を増やしたいと考えました
それをするためには少しでも手札で浮くリスクのあるカードを切ることしか枠の関係上ありませんでした
死徒はかなり強いですがたまにうまく打てない状況があり今回は不採用にしました
ここ最近死徒なしでまわしていますがネヘモスに他のノイドを巻き込めなくなってしまったり罠を越えきれないこともあったりしたので今は採用をまた考えている状況です

死者蘇生

これもかなり強いですが噛み合いがないと腐ると考えて抜きました
デカトロン蘇生デビフラ蘇生など使えさえすればめちゃくちゃ強いのですがそれらが落ちているならリソースもそれなりにあってある程度は戦えるだろうと考えました
それよりこちらはうごけず相手のやつを蘇生してもHEROやネクロス相手だと弱いので抜きました

ギャラサイ

鉄壁割れないから抜きました

ブレスル

効果無効もなかなか魅力的なのですが総合的に判断すると除去の方がよいのではないかと思いました

1つ書き忘れてたので更新でw
応戦するGについてです
僕は今回は応戦くらったら諦めるということで割りきりました
応戦のケアとしてはエクスチェンジ、マイクラ、スキドレなどありますが
エクスチェンジはあまり評価しておらずそんなカードをいれるなら罠を増やしたいと考えてます
マイクラ、スキドレですが先攻で推理ゲートあってマイクラなどがあったら1ターン待つのかと考え、僕の結論は待たないでした
スキドレに関しては応戦ケア以外にも強いカードですので採用してもいいかもとは考えてます
というわけで応戦に関しては割りきりました!
自分は幸いにもあまり応戦されておらず割りきっていますがこれから応戦が当たり前のように入るようにでもなったらケアを考えるかもしれませんね


とりあえず今回の記事はこのくらいになります
前のと含めてかなり長文になってしまった上に特に画像とかもないつまらない記事だったかもしれません
読んでいただきありがとうございます

ここに書いたことはあくまで僕の考えです
意見が異なる方も多いと思います

最後に何か質問などありましたらTwitterのアカウントかコメント欄にでもお願いします

@katuo079595